多国籍講師のメリット

MENU

多国籍講師のメリット

DMM,英会話,ネイティブ,講師,お気に入り,多国籍,訛り

 

DMM英会話には4,500人もの講師が在籍しており、その国籍はフィリピン人が一番多く、次にリストニア人など東欧諸国出身・在住の講師が多いです。全部で60ヶ国以上の国籍講師がいると言うから驚きです。その中にはネイテイィブも含まれますが、ネイティブを指名する場合は「プラスネイティブプラン」に入らなければなりません。

 

DMM英会話の一番人気プランは「1日1回プラン」という毎日レッスンを受けることができるコースです。毎日好きな講師を選ぶことが出来るので色々な国籍の講師と会話をすると、色々なイントネーションや文化の違いを体験することが出来ます。もちろん国によっては英語に訛りのある人もいて聞きとりにくい講師の人もいるでしょう。その感じ方は個人差に寄るものが大きいようです。

 

しかし実際に英会話をするシーンを考えてみても、英語は広く全世界で話されているため、皆が訛りを持っているといっても過言ではありません。ビジネスシーンにおいては、その傾向も益々強くなり、色々な訛やイントネーションに慣れておくと有利になるでしょう。そういった意味でも色々な国の人と話せて、いろいろな発音の英語に触れることができるDMM英会話は貴重な体験が出来る場とも言えます。

 

DMM英会話では、予約時に自分で講師を選ぶことがでるので、毎日違う講師を選ぶことももちろん可能なのです。最初のうちは特にどの講師を選べばよいか迷うでしょう。一番多いフィリピン人を始め、多国籍の講師のレッスンを受けてみるといいと思います。その中で徐々に自分のお気に入りの講師を沢山見つけていきブックマークしておけば、その気に入った講師の中から選ぶことが出来るようになるので外れなくなります。

 

  • 発音がキレイな講師
  • フリートークが楽しい講師
  • チャットボックスの活用がうまい講師
  • 発音がきれいな講師

 

講師によって様々なタイプがいます。自分の用お坊に合ったフィーリングの合う講師が見つかるといいと思います。4500人もの講師がいれば1人も気にいる講師がいなかったということはほぼないです。受講していくうちにお気に入りに登録できる講師がどんどん増えていく人が多いです。いろいろな国の人と会話できる貴重なチャンスを活かして、楽しみながらレッスンを継続していくことが重要です。