オンライン英会話の回線について

MENU

オンライン英会話の回線について

DMM,英会話,回線,レッスンチケット,安定

 

オンライン英会話では回線を使った通話を利用しますので、その安定性にリスクはつきものです。天候や回線状況から、相手の声を聞き取りにくくなったり、画面自体が映らないということも起こりえます。

 

DMM英会話では、フィリピンを中心とした多国籍の講師と、それぞれの現地にいる講師とSkypeを利用して英会話レッスンすることになります。オフィスからレッスン提供してくれる講師もいれば、自宅からレッスンを提供する在宅講師もいます。自宅講師の場合、回線状況のバラツキが気になるところですが、DMM英会話ではかなり厳しい回線チェックを行っているようです。自宅できちんとした回線が確保が出来ていないと、講師として採用されないと言うことです。在宅型の講師が多いのですが、みなDMM英会話側から厳しいチェックを受けてそれに合格しなければ在宅講師にはなれないとのことです。

 

逆に自宅で安定した回線を準備できない講師は、オフィスへ赴いてレッスンすることになっています。オフィスの回線はかなり整備されていてしっかりと環境確保されています。そのため、回線のつながりが悪くて音声が聞き取れない、はたまた通話さえできないといったトラブルは起きにくい様です。

 

実際、フィリピンには台風もよく上陸するため、回線がつながらずレッスンできないことはありました。その他にも現地で停電、地震、津波などの予測できない自然災害などにより、レッスンがキャンセルされることもあります。そんな場合は、講師側の事情でレッスンができないということでレッスン振替用のレッスンチケットがもらえます。オンラインで英会話をするときには、こうした環境整備、フォロー体制がしっかりとしているスクールを選ばなければいくら安くてもレッスンがまともに受けられないことも考えられます。

 

DMM英会話に関して言えば、環境もフォロー体制もしっかりしており、受講者からの評価も高いので比較的安心して利用できるでしょう。